稼げる 有名な記事ライターになって

在宅副業って稼げるのに!
・・・と私が思うのも副業がまだあまり広まっていないからですね。

職業紹介所 ハローワークには求人者があふれ、端末で検索すれども仕事が無い!
ところが一遍、副業の世界では仕事があふれています。
実際  クラウドワークスの様な仕事紹介サービスに無料登録すれば、その違いに驚くでしょう。

副業の世界では、まだ良質な副業を受注する人材が少ないのが現実です。
だから今からでも全然遅くはありません。上級在宅ワーカーになっては如何でしょうか?

在宅ワーカー

 

それをうかがい知れるのは、クラウドワークスが公開している
登録されている仕事の金額と仕事を求めて登録している人の数は、
約76千万円、9300人 (2012年11月現在)

単純計算すると、登録者一人当たり、8万円を超える仕事があるという事です。
しかし、実際は登録するだけで働いていない人は半数程いるでしょうから、
更にとても副業と言えない金額になる訳です。

 

jetski

2012年後半では、
副業の求人件数ランキング ベスト3は、以下の様です。

1位 システム開発関係
2位 デザイン関連
3位 記事作成関連

この中でも特記すべきは、3位の記事作成関連です。
ここ最近、急増しているニーズです。(2012年現在)
発注業者のニーズが高いのですが、一方その条件を叶える副業受注者が少ないです。

私は記事作成の仕事はこれからますます増えてくると見ています。
それはGoogleの検索上位表示の仕組みが精度を上げてきているからです。

かつては、単に被リンク数が多いだけで上位検索されていました。
相互リンクをしたりしてリンクを増やす努力をしましたが、今やもう、無関連なリンクは効果が無くなりました。
Googleは記事の内容を重視するシステムにレベルアップして来ています。

それゆえ、実際にキーワードを埋め込んだサイトを本当に作成するという仕事が発生しています。無料ブログの立ち上げ、記事作成の在宅ワークは量をこなさなければなりません。だから、労働時間と報酬を考えると、パートの方が全然、良い!

例えば、50記事作成して、5000円 といった報酬です。文章の質よりキーワードと量を求められる仕事です。

その中にあって、質の高い記事が求められる仕事も少ないですがあります。
小説家やコピーラーターが求められているのではなく、生活に密着した視点や体験に基づく文章の依頼です。記事ライターは生活者、利用者、消費者である必要があります。つまり、私たち一般人だということですね。

それなのに、まだ、質の高い記事ライターが少ない!
だから、これから副業を始めても、有名な記事ライターになる事が出来るでしょう。
今がチャンスと言っても良いかもしれません。

「 在宅副業って稼げるの ? 」って疑問に思っている人は、
まずは、クラウドワークスの様な仕事紹介サービスに無料登録して情報収集すると良いと思います。

 

 

カテゴリー: 在宅副業環境情勢 パーマリンク

コメントを残す