副業のルール

副業には暗黙のルールというのがあります。
それは、”指示されたことだけする”ということです。

先日、ファイルをスキャナーで読み込んでデータ化するというちょっとした仕事がありました。
ファイルをとじているバインダーが3冊送られてきました。
分類番号の頭がA と B は、作業をし、 C はしなくて良いという指示内容でした。
実際作業してみると、H で始まる分類番号が出てきました。

H は指示がないので、やらなくても良いと判断する所だったのですが、
そうすると、バインダーまるまる1冊、作業しなくて良い事になります。
それで、問い合わせをしましたが、担当者と連絡がつきません。
納期が迫っていましたので、しかたなく、作業をしないでデータを納品しました。

結果はそれで正しかったです。
実は私は気づきませんでしたが、分類番号がついていないファイルがいくつかあったらしいです。それはデータ化して欲しかったとの事ですが、ちょっとその判断は無理でした。それは先方も承知でしたので、この仕事の契約に問題になる事はありませんでした。

folders

社内の業務の場合、気を使ってプラスして行う事柄もあるかと思います。
しかし、副業の業務委託の場合は、余計な作業はしないのがルールです。

それでも、実はこういう事もして欲しかったという話になる場合があります。
その折り、「 他の人は、こうしてくれている。 」 と、あたかも当然の如く、契約先が言いって来る場合があります。
そういう時に、ちゃんと切り返せる様に、
契約を始める時に、”指示がない作業はせず、純粋に指示通りに作業する様努めます”
と、伝えておきたいものです。

komaru

在宅ワークの優良な人材は、今、不足していますので、これ位の事は言えるかと思います。

むしろ、余計な事をした為に、混乱をさせる場合がありますので、
良かれと思っても指示以外の作業はしない方が問題が起きにくいです。

どうしても気になってしまう場合は、問い合わせして確認した上で行った方が無難です。

 

 

カテゴリー: 在宅ワーク 体験 パーマリンク

コメントを残す