ネットで在宅副業時代に

私は、先日、自民党本部に電話しました。
それは、自民党の日本経済再生プランについて質問したのでした。
2011年12月の総選挙で大勝した自民党は、今年、2013年、どう私たちの生活を立て直してくれるのか興味がありました。
そこで、自民党のサイトに公開されている日本経済再生プランを読みました。

 参照) 自民党 日本経済再生プラン


しかし、読んでみると、落胆しました。
日本の製造業、いや、社会を大きく変えてしまおうという内容です。これでは私たちの生活はますます苦しくなる!
自民党の日本経済再生プランは、地方にある工場をアジアに移転させようとしています。地方では、ますます仕事が無くなる。
そこで、地方の経済の再生プランは無いのか? 質問してみたのでした。

 

答えは、皆無

自民党はこれから日本の製造業を海外に移転させようとしています。

地方から雇用が無くなると、収入をどやって得たら良いのか、ますます多くの人が困る事になるでしょう。
インターネットならば、場所を問わないので、ネットとパソコンを使った副業は、2013年は成長していくと思われます。

 

Youtubeで公開されている大前研一氏の
「 日本経済メルトダウンの危機! 大前研一 家計と個人消費の現状 」を見ました。

私たちの家計収入は減る一方なのは、日本は成熟した社会だからだと思っていました。しかし、大前研一氏の話では家計収入が減っている国は他にはないとのことです。今の日本は世界的に見て特殊なのだとか!

減った収入を補う方法 ・・・

やはり、在宅で出来る副業が注目を集めるでしょう。
その環境は、かなり整いつつありますね。やはり2012年2月にスタートしたクラウドワークスの存在が大きいです。
仕事を受ける方にとっても便利ですが、仕事を発注する側からしても頼みやすい!

取扱仕事量が増えてきていますね。
この日本最大級の副業マッチングサイトは、サービス開始9ケ月で登録者12000名、副業取扱い額8.5億円なのだとか。
量は急速に伸びていますが、質の高い在宅ワーカーは少ないでしょうね。

私はこれからが本格的な”ネットで在宅副業時代”になると予想しています。

 

 

カテゴリー: 在宅副業環境情勢   パーマリンク

コメントは受け付けていません。